院内紹介

院内紹介・設備紹介

院内紹介

受付/待合室です

受付/待合室

入り口を入ると受付カウンターがあります
こちらで受付をしてください

奥にあるのは木製待合ベンチです
ゆったりと座って待って頂けると思います

受付/待合室

入り口横にカタログ棚があり
その向こう側に猫ちゃん用ベンチがあります

カタログ棚を目隠しにすることで
待って貰っている間、ワンちゃんと猫ちゃんが直接顔を合わせないで済むように配慮しています

薬局です

薬局

数百種類ものお薬、漢方薬、サプリメントを扱っています。
それぞれのワンちゃん・ネコちゃんにあったお薬を調剤しています。

調剤時などはカーテンを閉めて、
粉薬などが待合室側に飛散してしまわないようにしています

犬用診察室です

犬用診察室

診察と簡単な処置を行います。検査結果・病気や使う薬の説明 などもこの部屋で行います

説明の時などは飼い主さんにも
椅子に座っていただき、お話をします

壁モニターにX線や顕微鏡画像を写し出し、わかりやすく説明します

お話中は大型犬でもゆったりと 待っていて貰えるようにスペースをとっています

猫用診察室です

猫用診察室

猫用待合室のすぐ前が入口です。

犬用診察室より小さい部屋です。
犬用診察室と同じようにX線の画像をモニターに映し、わかりやすく説明します。

こわがりな猫ちゃんはこの部屋で飼い主さんといっしょに点滴など簡単な処置をさせていただきます。 

処置・検査室です

処置・検査室です

ここで処置や検査をします

血液検査(血球計算・生化学測定・電解質測定)、尿検査や糞便検査などの顕微鏡検査・超音波検査を行います

中央にシンクが置いてあるので
傷口の流水での洗浄や薬浴も行うことが出来ます

右側に猫入院室と犬入院室があります
壁や扉もガラス張りで常に様子を確認できます
ワンちゃんと猫ちゃんの入院室は別々にわけてそれぞれ防音室にしていますので怖がりな猫ちゃんも安心です。

X線・手術室です

X線・手術室です

ここでX線の撮影や手術をします

扉も含め、壁と天井全面に鉛が入っています
手前右側にX線撮影装置の操作盤があります
X線の撮影時以外はX線装置の電源はOFFにしているので手術中などに被爆してしまうことはありません

この部屋の奥にX線のモニター・パソコン機器があります
また手術中に必要な無影灯、麻酔気化器、生体監視モニターや人工呼吸器が置いてあります

入院室

入院室

犬用入院室と猫用入院室が分けてあります。空調完備、必要に応じて監視カメラにて 管理しています。ICU集中治療、点滴治療、酸素室治療、術後管理、ネブライジング 治療など行っています。
また、犬用入院室に併設してドッグランがありますので術後のリハビリ、簡単なお散 歩が可能です。

設備紹介

内視鏡

内視鏡

内視鏡は小型カメラにより、胃・十二指腸・小腸・大腸・気管・鼻腔・耳等の画像を写し出すことができます。

嘔吐、下痢、食欲がないなど胃腸の問題が疑われる犬猫に使用します。
カメラで胃腸を観察し、生検により腫瘍や炎症がないか調べることが出来ます。
また、誤って異物を食べてしまった場合、手術せずに異物を取り出すこともできます。そうすれば開腹しなくてすむので術後の痛み、体への負担をなくすことができます。内視鏡は検査だけでなく様々な治療にもとっても便利な機器です。

内視鏡検査ができる動物病院は、全体の5%しかありません。

電気メス

電気メス

手術時に止血する時や出血を抑えながら切開する時などに使います。

特に出血しやすい手術や大きな手術では必要となります。手術時間の短縮、出血量の減少を目的で使います。

スケーラー

スケーラー

超音波の振動で歯垢、歯石をきれいに取り除きます。歯周ポケットの中をきれいにする「ルートプレーニング」治療も行い、歯垢、歯石がつきにくい歯にしていきます。

超音波

超音波

心臓

先天性の心臓病や高齢の弁膜症などあらゆる心臓の病気の診断、健診に使います。当院の超音波機械は最先端のモデルです。画質がクリアーでカラーも描写できます。

腹部・臓器

肝・胆のう・腎・胃腸・脾・膵・膀胱・子宮などの臓器を主に評価します。小さな病気も見逃しません。又、定期的に病気の確認も行います。

インキュベーター(培養器)

インキュベーター(培養器)

細菌感染、真菌感染などが疑われた時、毛、尿、鼻汁などの試料から細菌、真菌を培養する機械です。

感染の原因菌効果のある抗生物質などを迅速に院内で判断できます。

血液検査

血液検査

血球計算・生化学測定、電解質測定が行えます。
あらゆる病気の検査の基本で、定期検査、健康診断などでも行っています。
毎日多くの動物たちの血液を測定しています。

顕微鏡

顕微鏡

便検査、尿検査、皮膚検査、吐物検査、耳あか検査、血液検査、腹水、胸水検査、細胞診検査などあらゆる検査で用います。
診察室のモニターと連動して写し出すことができるので飼主さんに見せながらわかりやすく説明できます。

X線撮影装置

X線撮影装置

胸部・腹部はもちろん、骨の異常・頭部・歯など様々な部位の異常を画像で見つけ出します。
バリウム検査、妊娠診断なども行うことができます。
診察室のモニターと連動して写し出すことができるので飼主さんに見せながらわかりやすく説明できます。